--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き瞬公開イベント(LV)

2016年12月19日 03:49

12/17日に公開された好き瞬の公開初日イベントのLV(ライブビューイング)に行ってきました

LVに行くのはミリオンライブ1st以来でかなり久しぶりだったのでどんな雰囲気なのかわくわくしながら行きました

主演が麻倉ももさんということもあり本当は現地行きたかったんですけどお金が無かったです()

前作にあたる「ずっと前から好きでした。」の公開初日イベントは生で聴いたことがなかった「今好きになる。」を聴くためだけに現地に行って満足できたので、恐らく披露されるであろう既に生で聴いている「今好きになる。」と「花に赤い糸」、そしてTrySailの「センパイ。」の3曲だけを目当てに石川から行くのはきついなと・・・
・・現地行けなかった言い訳はこのあたりにしておき、映画、イベントの感想を

※一応以下はネタバレになるので見る予定の方は注意してください



映画のストーリーは曲の歌詞などから既にわかっていたのですが、前作のずっ好きはメインで描かれるキャラはほとんどが報われる恋をしていたのと対象に、もちょ演じる雛ちゃんが先輩に報われない恋をし、雛ちゃんの幼馴染が雛ちゃんに恋をするという三角関係を描く内容がメインなので少し胸が苦しくなりました

また、雛ちゃんのキャラクターソングである「花に赤い糸」が挿入歌として使われるということは知らされていたので、どこで使われるのかドキドキしていたのですが、雛ちゃんの決心が描かれる大事な場所で使われていて歌詞と共に雛ちゃんに感情移入することができたので、もっと「花に赤い糸」が好きになることができました

重要なアイテムである雛ちゃんが書いたラブレターは気持ちを誤魔化すため?か可愛い顔文字が結構使われていました
可愛い字だしもちょが書いたのかとな?思っていたらやはりもちょが書いていたのでもう一度じっくり見たいです・・・

あと雛ちゃんは兄を1人持っているので「お兄ちゃん」と言う機会が結構あったんですがやっぱりもちょの「お兄ちゃん」は破壊力高いな・・・!と改めて実感しました
雛ちゃんはだいぶブラコンなのでお兄ちゃんに結構甘えているんですが、うまく妹としての可愛さを出す演技ができていてめちゃくちゃ可愛かったです

これでもできるだけキャラと中の人は切り離して見たいんと思ってるんですが、雛ちゃんが緊張している時にスカートをぎゅっと抑えているシーンは流石にもちょを想起せずにはいられませんでした()
もちょの可愛いしぐさとしてかなり印象に残ってたからゆるして

雛ちゃんは結局小雪先輩に思いを届けられずに終わってしまうんですけども、エンディングではコタローくんが頑張ったおかげでコタローくんにワンチャンあるということが描かれ、これからが楽しみな希望のある終わり方だったので良い余韻に浸ることができました

胸が苦しくなる場面もありますが、ろくな恋愛をしてこなかった僕にとって甘酸っぱい恋を感じることができる良い映画でした
こういう映画彼女と見てみたいなあ!!!!
コタローくんには頑張っていただきたいので、続編あるようでしたら是非見たいです
アイマス映画で学びましたが、どのように進むのかわかっている状態でもう一度見るとまた違った考えや視点で見ることができるので、余裕があればトラセの特典がある内にできればもう一度見たいと思いました

ちなみに前作から見なくても大丈夫な内容なのでもし1ミリくらい興味を持っていただけたら是非見てくださいていうか一緒に見に行きましょう

めちゃくちゃ個人的ですがスタッフロールで麻倉ももという名前が一番上に表示されて流れてきたところで感極まってしまい半泣きになってしまいました(
元々もちょはミリオンライブで知っていましたが、「今好きになる。」を教えてもらってから興味を持ち、その後トラハモ公録の余っているチケットをいただけることになり参加してみたら見事に沼にはまるという流れで今に至っています
きっかけになった「今好きになる。」という曲は今でも聴いている大好きな曲なので、「今好きになる。」の歌詞の中のストーリーをメインとして描かれる映画が麻倉ももさんの記念すべき初主演映画ということが嬉しくてたまらなかったです
改めて麻倉ももさん主演おめでとうございます

映画の感想はこんな感じです

本編が終わった後は演者さんが出てきて舞台挨拶が始まりました

司会のよっぴー:主演になりましたけどお気持ちはどうですか?

もちょ:たぁい(「はい」って言いたかったけど緊張してた)

よっぴー:今聞いたこと無いような相槌出ましたね!?

という流れが面白かったです^^;
ちなみに、「決まった時は既にドラマCD等で演じる雛ちゃんが報われない恋をするというストーリーを知っていたので嬉しくもあるけども、胸が苦しくなるので、覚悟がいるなと思いました。エンディングで希望が見えたので続きが楽しみです」みたいなことを言ってました
(若干他の人と混ざっているかも

エンディングを歌っている乃木坂46の2人がどうしても出たいと名古屋で開催されている握手会の合間を縫ってまで緊張しながらも喋っていたのも印象的でした
MCしてからすぐ退場してもう一度名古屋向かうってすげえよ・・・

ちなみにもちょの髪型は雛ちゃんを意識したおさげにしてました
黒ストとスカートを履いていて、もちょらしい可愛さも出しつつ大人らしさもあってとても良かったです(●・▽・●)

MCの後は朗読劇をしたんですがコタロー役の花江夏樹くんが前回のイベント同様台本叩きつけてたりアドリブ入れてたりとイベントならではの面白さがあった劇でした

ライブパートはぼくのLV会場は誰もコール入れずサイリウム振らずだったのでびっくりしましたね・・・麻倉ももさんとTrySailが出てきた時のみ連番者と二人でオイオイコールしてました頑張りました;;
「今好きになる。」と「花に赤い糸」は何度聴いてもLVでも素晴らしかったです
ちなみに全曲生バンドでした
生バンドの花に赤い糸が聴ける機会はまた来るのだろうか・・・

前回の現地参加も同じなんですが女性の人がかなりいたので主の客層がやっぱり違うんだな~というのを冷えたLVで実感しましたね

もうイベントあるかわからないけども、とりあえずライブパートでコールしたい人やリウム振りたい人は現地行ったほうが楽しめるとは思います


LV会場は冷え冷えでしたが感動することもできたし、たくさん笑うこともできたので満足できるイベントでした
ハニワさんのこれからの作品も楽しみにしています


おわりだよ~


スポンサーサイト


コメント

  1. 麻倉もも | URL | -

    曲にコール入れるとか…これだからオタクは嫌ですね(o・∇・o)

  2. おぐら | URL | -

    あけましておめでとうございます

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yhburokiti.blog47.fc2.com/tb.php/176-a7091516
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。