--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TrySail3rdライブ"Smooth Sailing"感想

2016年06月21日 17:06

お久しぶりです。たなばた野郎です。
今更ですが6/5日にパシフィコ横浜で行われたTrySail3rdライブ「Smooth Sailing」に行ってきました!

まず今回のライブは人が増えたなあということを実感しました。

物販/ガチャの列の人がめちゃくちゃ多かった・・・最初気のせいかと思いましたが、

物販のグッズのほとんどが売り切れ、ガチャも開演前のかなり早い時間になくなっていました。

前までは終演後に物販もガチャも残っている状態だったと思うのでかなりの進歩だと思います。これは素直に嬉しいですね。

この状態を踏まえて次から物販の在庫は増やして欲しいですが。

今までのTrySailの全てのライブに言えますが、事前物販もどうにかして欲しいとずっと思っています。
具体的には開始時間の変更と、在庫を増やして欲しいですね。事前物販は平日の午前10時スタートで触れる人が限られる上、在庫はすぐなくなっているという状態がずっと続いているので大体買えないという・・

気を取り直して入場後のお話。
今回は1階のかなり後ろの方の席でしたが、パシフィコは後ろの席でも結構見やすい作りなのであまり気になりませんでした。

本編は恒例の劇からスタート。

「探偵」
麻倉ももさんがコナ○くんの格好をしていたり箱崎星梨花ちゃんの真似をしたり(この瞬間誰が作ったか察する)
色々ネタをぶっこんできて終始笑いが絶えなかった劇でした。眠らせるための羊数え機能付き腕時計(?)が可愛かった・・・
TrySailのライブは劇(とコント)も楽しみの1つです。

そしてライブパート!
演者紹介の後、今までのシングル曲と過去のライブ映像を流しながらOP映像が始まりました。TrySailは結成からずっと見てきたのでこの映像はかなりぐっと来ましたし、テンションが上りました。


「ひかるカケラ」
開幕アルバムのリード曲!「こんなに広い世界で君を見つけたよ」
という歌詞がとても刺さりました。
この曲は音源が出たのはつい最近ですが、前のライブで既に出されていた曲です。
その時はMVもなくしっかりと振りも覚えることができなかったのですが、やはりMVで振りが見れたり、歌詞が把握できたりしていると印象も変わりますね。
サビの振りは楽しくてついコピーしてしまいます。この曲に限らないんですが「君」という歌詞の場所では指をこちらにさす振りが多いです。
その時にこちらも指を出して指をさし合うのが楽しかったり。

「sewing dream」
こちらはアルバム新規収録曲ということで完全初披露。
クラップや、「オッオーオー」のところを全員で言うのが楽しかったです!

「whiz」
独特の振りや独特の雰囲気の曲ですがかなり好きな曲。この曲は3人の綺麗な高音が特に好きですね。
後は最後の演奏の時にぴょんぴょんしながら真ん中に集まって行く振りがとても可愛くて好きです。
MVもとても可愛い出来になっているのでライブとMV両方を是非見て欲しい曲。

「コバルト」
TrySailの格好いい担当曲
この曲が来た瞬間空気がガラッと変わる気がします。いつもわちゃわちゃしてるTrySailさんから一転して圧倒されるような本当にかっこいい曲。
サビの腕を振るところと落ちサビ前に連続で小ジャンプするところが好きです。

「High Free Spirits」
TrySailの格好いい担当曲その2
連続で格好いい曲が来てテンションめちゃくちゃ上がりましたね。
イントロ流れた瞬間の会場の「待ってました!」感。やっぱりはいふりから来た人も多かったんじゃないかなと。
1階の後ろの方の席にいたので見えましたが2階からUOが降ってきたりして() とにかく盛り上がりが半端無かったです。

「桃色片想い」
ソロ曲コーナー1発目!
パシフィコに出る日にシンデレラガールズのアルバム「Cute jewelries03」が届いていて、実はTrySailの曲の予習と同時に、櫻井桃華ちゃんの桃色片想いをこの曲良いな~と聴きまくっていました。
なので麻倉ももさんの口から「桃色片想い」が出た時は驚きと嬉しさとで若干パニックになってしまいましたね・・
麻倉ももさんはこの曲のように可愛いを全振りした曲が合ってると思いますし、曲名からしてこの選曲は完璧だったと思います。
ああ可愛かったなあ(遠い目)

「1/2」
ナンスがソロMCで自分の頭の悪さについて語るという・・(
リスアニの「終体制」やらつい最近まで「隔世遺伝」を「覚醒遺伝」と思っていたらしく、会場が笑いの渦に。(小学生の時のぼくかな?とか思っていないよホントだよ)
あのしっかりしているようでポンコツなのが本当に可愛いんですよねナンスは。
そんな感じで分数も嫌いなナンスさんがまだ嫌いではない分数の1/2を披露してくれました。
本当に可愛かった・・振りが特徴的だったのでもう一度見たい・・・

「Skyreach」
久しぶりに生で聴けました・・僕が聴いたのは2015年3月頃にあったトラハモ公録JUMPの時以来なので1年と少し前ですね。
僕はトラハモ公録JUMPが初めて行ったTrySailのイベントだったのでこの曲から天ちゃん=格好いいというイメージがまだあります。
あの時のイメージのまま格好いい天ちゃんを見事に今回も披露してくれました。なんだか感慨深いものがありました。
違う表情の天ちゃんも・・・うん・・・良いと思いますよ・・・

「夏をまつセイルのように」
恒例のハモリ曲コーナー。アニメ名探偵コナンのED曲
衣装が新衣装に変わっていました。パッチワークって言うんですかね?白猫プロジェクトで言うコッペリアのような衣装でとてもかわいらしかったです。
探偵の流れを引き継いでのこの曲。コナン君はちょくちょく見てはいたんですがこの曲は知らなかったです・・
でも知らない良い曲に出会えるというのもカバーコーナーの良さですね。
綺麗なハモリを聴けるこのコーナーも楽しみの1つなので続けて欲しいです。

「パーリー☆パーティー」
最初聴いた時、この曲もう聴いたことあるのでは?というデジャヴに襲われ急いで作詞と作曲した方を見に行って、「Let's貢献」の人たちだと知って納得しました。
独特な世界観ですがライブはしっかり盛り上がるような曲で、とても好きです。マカロンドラゴンという謎すぎるけど頭に残るフレーズも天才だと思います。全体的に劇を見ているような振りでとてもおもしろかったです。
またいつか「Let's貢献」や「絶対闘争イデオロギー」も聴きたいなあ。

「あかね色」
TrySail現在唯一のバラード曲。会場全体がオレンジに染まっていて壮観でした。
後方の席しかこの景色は見れることはなかったと思うので悪いことばっかりじゃないんですよね。
高音がとても綺麗な曲で聞き惚れてしまいました。また生で聴きたい。

「明日も晴れる」
TrySailの3人で指を合わせて△を作っていたり、サビの独特な振りが印象的な曲。
一緒に「ラララ」と歌うのも楽しかったです。一緒にサイリウムで△を作るとTrySailさんが喜ぶので余裕があれば是非。

「primary」
こちらもアルバム新規収録曲で初披露曲。
歌詞の「季節にハグしよ」
のところで3人でハグしているところは会場全体が湧きまくっていました。
この曲は思っていた以上に振りが激しく驚きました。個人的にアルバム収録曲だと一番好きな曲です。特にCメロがかっこ良くて大好きですね。

「Baby My Step」
この曲は何度聴いてもギターのイントロで最初からテンションが最高潮になりますね・・
コールをする箇所がTrySailの曲で最多の曲なんですがもう全員慣れきって振りコピしながらコール完璧みたいな感じになってました。
まあ「アマイセイル」でまさかの歌う側もしましたしね・・・この曲は完成されている感が強いです。
僕はTrySailの中で最初見た時からこの曲が一番振りが大好きです。特にサビが終わった後の片足を上げて指をクイックイッとする振りが可愛くてたまらないです。見る機会があれば是非注目してください。

「Youthful Dreamer」
アンコール前最後の曲。やっぱりこの曲がないと始まらない。歌詞も曲も振りもどれも完璧な曲だと思います。
サビの振りが楽しすぎてついこちらも踊ってしまいます。というかあんまり周り見てないけど振りコピしてる人ばっかりだったような(

「僕らのシンフォニー」
アンコール一曲目!今まではライブ限定曲という立ち位置でしたがついに「はいふり」のカップリング曲として収録された曲。
この曲も特徴的なコールはありませんがとても盛り上がりますね。指を開いて腰のあたりを叩く振り付けが印象的で好きです。

「Sail Out」
最後はやっぱりこの曲。パシフィコ横浜が実家ならこの曲はなんかお母さんみたいな曲なんですよね。安心するというか。
1stからずっと変わらずTrySailの楽しそうな姿を見て出航することができて安心しました。


見返すと最初から最後までクライマックスの素晴らしいセトリですね・・
MCも恒例のからあげクン(何度見ても存在感が凄い)やウェーブができてとても楽しめました。
唯一ぼくの一番大好きな曲の「ホントだよ」が無かったですが次で聴けるだろうと思いましたし、大満足の3度目の実家でのライブでした!

東京国際フォーラム編へつづく
スポンサーサイト


コメント

  1. 雨宮天 | URL | -

    長いから3行にまとめろ。

  2. 長文書けてて偉いと思いました。
    東京国際フォーラム編は推敲された読みやすい文書を期待しています。

  3. 藤井ゆきよ | URL | -

    私を差し置いてもちょの桃色の片思い聞いたとか許せない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yhburokiti.blog47.fc2.com/tb.php/171-cb284df7
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。