--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しにそう

2017年03月02日 21:03

少し前にミリオンライブは4周年を迎えましたね。おめでとうございます!
アニバーサリーイベントも始まるなど最近はミリオンライブをとても楽しんでおります。


↑超レアに飴を使うのが楽しすぎて変なところに行った図

とりあえず300位に入賞してアクリルスタンド欲しいなと思ったんですが昨日から熱を出してしまいましてずっとダウンしております_:('Θ' 」 ∠):_

フィーバーライブも触れずろくに稼げてないので土日で稼ぐしかないなという感じですね…


あと300位がもし取れたら未来ではなく星梨花の方取ろうかなと思ってます。
絵柄が選べたら未来にしたんですけども、今回の未来は曲名カードじゃなかったので絵柄も好きなトキメキの音符になっての星梨花の方が欲しいなーという感じです。来年は期待してます( ˇωˇ )


そして武道館も近くなりましたが、アニバ走る上にタダでさえ予定より稼げてないので名刺作るの無理そうです。よろしくお願いします()
スポンサーサイト

次のお披露目ライブ

2017年02月13日 07:40

アニバや武道館イベ前で資産温存したいのに未来ちゃん上位来ちゃったよ…デジャヴだよ…

自分とラウメン用にどんな感じの編成が強いのか考えます。

まず美希に付いてる潜在が6連アピールなので前回出た4連続アピールの時のように、敵は自陣のアピールに対してバリアを貼ってくる可能性が高いです。
恐らく5回か6回バリアを貼ってくるんですが、最近の運営のアピール系潜在を楽に使わせてくれない姿勢を見るにアピール潜在だけカットするバリアなんじゃないかなーと勝手に思ってます。

という訳でこれらから編成を考えるとラウンジ掲示板にも書いた通り、一番強い編成は
先頭1枚目→両面極大@潜在6連アピ
先頭2、3枚目→両面20or19コス@アピール系潜在
残り→全部両面20or19コスカード

こんな感じでしょうね。

しかし、恐らく中間500位報酬のカードに6連アピ潜在が付いてる可能性が高いのでそれまで我慢して僕は6連アピを使わない編成で行きたいと思います。



音符が2つという利点以外ではもう6連アピに存在を抹消されかけているこの潜在を両面極大2枚に付けて8連続でアピールをしてバリアを剥がし、残りの1枚のスキル枠でアピールしようという考えです。
恐らくそれくらいアピール系潜在強いんで…

編成にすると
先頭1、2枚目→両面極大@4連アピール×2
先頭3枚目→両面20or19コス@アピール系潜在
残り枠→両面20or19コス

そして敵のバリアがアピール系潜在のみカットだった場合自陣にバフかけるこちらの編成も使えそうですね。

先頭1、2、3枚目→両面極大@DPアップ潜在
残り枠→両面20or19コス

前の4連アピの時の敵バリアがどんな感じのものか忘れちゃったんですけどもね…

あとはお披露目は変動するユニットランキングの把握も必要ですね。
↓これ



このランキングで各ユニットのアイドルの全てのカードにプラスの補正がかかります
5位ユニットのアイドル→補正0%
4位ユニットのアイドル→APとDPに補正2%
3位ユニットのアイドル→APとDPに補正5%
2位ユニットのアイドル→APとDPに補正8%
1位ユニットのアイドル→APとDPに補正10%

だったはず。


例えばこの20コスのひなたと19コスの未来、
ひなたのDPは12520
未来のDPは11841
未来に2位補正がかかった場合11841の8%増なので947プラスされ、DPが12788になります。

こんな感じで20コスよりも強くなるのでランキング上位のユニットアイドルのカードを所持している場合は優先的に編成するといいかもしれません。

なお多少ランキングは変動するのでそこには気をつけましょう。

後はお披露目ライブにはティアラというアイテムがありまして、これを使うとEXライブを開催できます。

これは超レアと同じ扱いで、通常では滅多に開催できない上にBP効率が全然違います。

EXライブは超レア同様アピール耐性やガードなどの特殊スキル等での耐性を一切持たず、APも低いためこちらのアイドルがアピールで落とされることは確実に無いです。

そのため、アピールランキングで使用するような、アピール潜在もりもりの編成で戦うのが一番効率がいいので覚えておきましょう。

結構人によって編成が異なりますが、20コス両面×9@先頭3枚アピール系潜在
または、先頭1枚目→両面極大@アピール系潜在orDPアップ潜在
先頭2、3枚目→両面20コス@アピール系潜在
が良いかなと。

長くなりましたがデッキ編成の参考になれば幸いです(●・▽・●)


おわりだよ

好き瞬公開イベント(LV)

2016年12月19日 03:49

12/17日に公開された好き瞬の公開初日イベントのLV(ライブビューイング)に行ってきました

LVに行くのはミリオンライブ1st以来でかなり久しぶりだったのでどんな雰囲気なのかわくわくしながら行きました

主演が麻倉ももさんということもあり本当は現地行きたかったんですけどお金が無かったです()

前作にあたる「ずっと前から好きでした。」の公開初日イベントは生で聴いたことがなかった「今好きになる。」を聴くためだけに現地に行って満足できたので、恐らく披露されるであろう既に生で聴いている「今好きになる。」と「花に赤い糸」、そしてTrySailの「センパイ。」の3曲だけを目当てに石川から行くのはきついなと・・・
・・現地行けなかった言い訳はこのあたりにしておき、映画、イベントの感想を

※一応以下はネタバレになるので見る予定の方は注意してください



映画のストーリーは曲の歌詞などから既にわかっていたのですが、前作のずっ好きはメインで描かれるキャラはほとんどが報われる恋をしていたのと対象に、もちょ演じる雛ちゃんが先輩に報われない恋をし、雛ちゃんの幼馴染が雛ちゃんに恋をするという三角関係を描く内容がメインなので少し胸が苦しくなりました

また、雛ちゃんのキャラクターソングである「花に赤い糸」が挿入歌として使われるということは知らされていたので、どこで使われるのかドキドキしていたのですが、雛ちゃんの決心が描かれる大事な場所で使われていて歌詞と共に雛ちゃんに感情移入することができたので、もっと「花に赤い糸」が好きになることができました

重要なアイテムである雛ちゃんが書いたラブレターは気持ちを誤魔化すため?か可愛い顔文字が結構使われていました
可愛い字だしもちょが書いたのかとな?思っていたらやはりもちょが書いていたのでもう一度じっくり見たいです・・・

あと雛ちゃんは兄を1人持っているので「お兄ちゃん」と言う機会が結構あったんですがやっぱりもちょの「お兄ちゃん」は破壊力高いな・・・!と改めて実感しました
雛ちゃんはだいぶブラコンなのでお兄ちゃんに結構甘えているんですが、うまく妹としての可愛さを出す演技ができていてめちゃくちゃ可愛かったです

これでもできるだけキャラと中の人は切り離して見たいんと思ってるんですが、雛ちゃんが緊張している時にスカートをぎゅっと抑えているシーンは流石にもちょを想起せずにはいられませんでした()
もちょの可愛いしぐさとしてかなり印象に残ってたからゆるして

雛ちゃんは結局小雪先輩に思いを届けられずに終わってしまうんですけども、エンディングではコタローくんが頑張ったおかげでコタローくんにワンチャンあるということが描かれ、これからが楽しみな希望のある終わり方だったので良い余韻に浸ることができました

胸が苦しくなる場面もありますが、ろくな恋愛をしてこなかった僕にとって甘酸っぱい恋を感じることができる良い映画でした
こういう映画彼女と見てみたいなあ!!!!
コタローくんには頑張っていただきたいので、続編あるようでしたら是非見たいです
アイマス映画で学びましたが、どのように進むのかわかっている状態でもう一度見るとまた違った考えや視点で見ることができるので、余裕があればトラセの特典がある内にできればもう一度見たいと思いました

ちなみに前作から見なくても大丈夫な内容なのでもし1ミリくらい興味を持っていただけたら是非見てくださいていうか一緒に見に行きましょう

めちゃくちゃ個人的ですがスタッフロールで麻倉ももという名前が一番上に表示されて流れてきたところで感極まってしまい半泣きになってしまいました(
元々もちょはミリオンライブで知っていましたが、「今好きになる。」を教えてもらってから興味を持ち、その後トラハモ公録の余っているチケットをいただけることになり参加してみたら見事に沼にはまるという流れで今に至っています
きっかけになった「今好きになる。」という曲は今でも聴いている大好きな曲なので、「今好きになる。」の歌詞の中のストーリーをメインとして描かれる映画が麻倉ももさんの記念すべき初主演映画ということが嬉しくてたまらなかったです
改めて麻倉ももさん主演おめでとうございます

映画の感想はこんな感じです

本編が終わった後は演者さんが出てきて舞台挨拶が始まりました

司会のよっぴー:主演になりましたけどお気持ちはどうですか?

もちょ:たぁい(「はい」って言いたかったけど緊張してた)

よっぴー:今聞いたこと無いような相槌出ましたね!?

という流れが面白かったです^^;
ちなみに、「決まった時は既にドラマCD等で演じる雛ちゃんが報われない恋をするというストーリーを知っていたので嬉しくもあるけども、胸が苦しくなるので、覚悟がいるなと思いました。エンディングで希望が見えたので続きが楽しみです」みたいなことを言ってました
(若干他の人と混ざっているかも

エンディングを歌っている乃木坂46の2人がどうしても出たいと名古屋で開催されている握手会の合間を縫ってまで緊張しながらも喋っていたのも印象的でした
MCしてからすぐ退場してもう一度名古屋向かうってすげえよ・・・

ちなみにもちょの髪型は雛ちゃんを意識したおさげにしてました
黒ストとスカートを履いていて、もちょらしい可愛さも出しつつ大人らしさもあってとても良かったです(●・▽・●)

MCの後は朗読劇をしたんですがコタロー役の花江夏樹くんが前回のイベント同様台本叩きつけてたりアドリブ入れてたりとイベントならではの面白さがあった劇でした

ライブパートはぼくのLV会場は誰もコール入れずサイリウム振らずだったのでびっくりしましたね・・・麻倉ももさんとTrySailが出てきた時のみ連番者と二人でオイオイコールしてました頑張りました;;
「今好きになる。」と「花に赤い糸」は何度聴いてもLVでも素晴らしかったです
ちなみに全曲生バンドでした
生バンドの花に赤い糸が聴ける機会はまた来るのだろうか・・・

前回の現地参加も同じなんですが女性の人がかなりいたので主の客層がやっぱり違うんだな~というのを冷えたLVで実感しましたね

もうイベントあるかわからないけども、とりあえずライブパートでコールしたい人やリウム振りたい人は現地行ったほうが楽しめるとは思います


LV会場は冷え冷えでしたが感動することもできたし、たくさん笑うこともできたので満足できるイベントでした
ハニワさんのこれからの作品も楽しみにしています


おわりだよ~


おかね

2016年11月30日 21:34

半年くらいさぼりましたごめんなさいお久しぶりです

さぼってる間ミリオンが大型アップデートされたり我らが麻倉ももさんがソロデビューされたりと色々ありましたが僕は元気です

11月は元気すぎて石川県に住んでいるのに仙台と神奈川に行ってきました

仙台はTrySailさんのライブ目的ですね(●・▽・●)

ミリオンライブ3rdで1度だけ来たので2度目の仙台でしたが今回もめちゃくちゃ楽しかった・・・

まずライブ内容が期待していたよりかなり良かったです

座席が7列目だったんですが会場が狭いのもあって予想より遥かに近かったので席についた段階でウキウキしてました

特に嬉しかったのはツアーの公演限定曲に一番好きな曲の「ホントだよ」が来てくれたことですね・・正直来てほしいとは思ってたんですが来るとは思ってなかったので来た瞬間叫んでしまいました

また、新曲の「センパイ。」や麻倉ももさんのソロ曲「花に赤い糸」など、初めてライブで見る曲がどれも僕好みのものだったので早くもう一回見たいという気持ちしかありません
「花に赤い糸」は今まで麻倉ももさんが経験したことのないロックバラード曲で、緊張している中でも大切に歌いきっている姿を見てこれからも応援していきたい、もっと色々な麻倉ももさんの曲を聴きたいと思いました
もともと好きな曲だったんですがライブ後に好きになりすぎて1週間ぐらいは無限にリピートしてましたね・・・実はお金なくて今回の1stシングル積んでさえいなかったので2ndシングルがあれば頑張ってリリイベ行きたいです

途中からの衣装が腋が見える衣装だったので麻倉ももさんの腋を至近距離で見れたことがとても嬉しかったです

最後のアンコールの「ひかるカケラ」もとても良くて、途中で麻倉ももさんがナンスに寄りかかりすぎてナンスが歌えなくなったりそのナンスを天ちゃんがぽんぽんしたり抱きついてたりといちゃこらいちゃこら好き勝手やってて見ていて凄い幸せになれました
戻りきれてないナンスが振る腕一人だけ逆になってたの可愛すぎました
ひかるカケラは3rdの時は開幕の曲でしたがラストにやっても気持ちよく終われる曲でとてもいいですね

ライブ後も焼肉したり職質しようとしてきた結構可愛い警察の人に教えてもらった松島を観光したりで楽しめました

機会があったらまた行きたいと思います!


仙台の1週間後には神奈川にミリラジ公録のために行ってきました(●・▽・●)

公録は初参加だったのでどんなイベントになるのかなども含めて非常に楽しみにしていたイベントでした

昼夜どちらも参加しましたが、昼も夜も公録部分はそれぞれの演者さんの味を出しつつ面白いことをしてきたので終始笑いが絶えない会場でした
フェチ川さん登壇はずるい

ライブパートですが、昼はぴょんころもち以外は今まで大きな会場で披露されなかった曲が中心でした
アニマルステイションは連番者が「ウリャ」「ウリャ」言ってるなあと思ったらぼくも無意識に「オイ」「オイ」言っていたようで動物園は人を変えるんだなと恐ろしさに震えました(正直どうなるか怖かったですが平和でとても楽しかったです)

「MY STYLE! OUR STYLE!!!!」は3rdライブで披露された際はトロッコで振り付けを見ることができなかったのでリリイベ以来の振り付け有り披露でした。
何度も聴いているのに歌詞が良すぎて感極まってしまい、1本だけ頂いた「もしU・N・M・E・Iが来たら折る用UO」を折ってしまいました
リコッタは最高

夜はユニット曲で「Eternal Harmony」が来たのが嬉しい誤算でした
振り付けも公録特別バージョンで「カーニヴァル・ジャパネスク」の振り付けが入っていてメンバーはセクシー寄りでしたがとても可愛くて最高でした・・・

あとやっぱり水中キャンディ強い


まとめると制服ツインテール麻倉ももさんが可愛くて最高でした以上です
自分はトッピングするだけで食べられないと知ったときに(*゜0゜)の顔をしたり、食べ物がスタッフさんに回収された時にスタッフさんについていってしまう麻倉ももさんが大好きです
あと昼の部でぽぽちゃんといちゃいちゃしてる時に毎回汚い声出してごめんなさい()

仙台の次の週にまた遠征するのは正直しんどかったですがこちらも行って良かったと思える楽しいイベントでした!

ありがたいことに公録の時にラウメンの方にペンタブを譲って頂いたのでお絵描き頑張るぞという意気込みでとりあえずさぼっていたブログ更新した次第でした

終わりだよ~

TrySail3rdライブ"Headwind Sailing"感想

2016年06月21日 18:06

6月18日に東京国際フォーラムで行われた"Headwind Sailing"にも行ってきましたよ。
曲への感想は前回で大体書いていると思うのでそれ以外のことなども書きますね。

暇だったので前回揃えられなかった麻倉ももさんソロのバッチを全種類揃えようと物販/ガチャ列に並びました。
途中までは日が当たらず快適だったんですが、途中から先頭の方の列以外が日光に晒されて死にかけていました(

また、ガチャと物販列が今回分けられておらず、物販/ガチャ会場に入った人が好きにそのホールを移動できるというようになっていました。

ガチャは先に会場に入った人が何度もループできるという現象が起きていたり、今まではあった物販売り切れ報告が無かったり・・・(僕の知る限りではですが、あっても知らないレベルだと思う)

物販での管理をもう少ししっかりとして欲しかった、というのが今回の唯一の不満点でした。

ちなみにガチャの結果は惨敗でしたが、ありがたいことに交換していただいてなんとか麻倉ももさんのバッチは揃えることができました。

特賞ってなんですか知らないです。

あと今回のお昼に牛タンを扱うチェーン店でミリオンライブ3rdで麻倉ももさんが言っていた牛タンシチューをやっと食べることができました。
めちゃくちゃ美味しかったですね。また本場で食べたいところ。

そんなこんなで会場に入場。今回の僕の席は1階最後列。

完全にミリオンライブ3rdで最前を2回引いた反動が来ています・・

東京国際フォーラムはパシフィコ横浜と比べ縦に広く、コレは見えるのだろうか・・・といった感じ

ドキドキしながらもついに開演。

今回の劇は「名探偵モチョン」!!

ネタ集ぷんぷんですが今までにない麻倉ももさんの少年声の演技始めとしたTrySailの今までにないような声が聴けたのが嬉しかったり。

区切りになるあの扉の音とか効果音まで無駄に凝っていてこだわりを感じられましたね・・(笑いを抑えながら)

一番笑ったのは作画崩壊を使って逃げ道を作るとか言うメッタメタの話でした。流石にずるいぞ!

天にゃんも再登場したのが嬉しかったですね・・・もちにゃんも再登場お願いします。ほんとに。

最後のオチまで完璧で今までで一番楽しめた劇でした。力の入れようが今までと違った気がしますね・・・エンドロールまであるのか・・・


そしてライブパート。何回見ても過去のライブを映したOP映像は燃えますね。テンションが上った状態でスタート。

セットリストは以下のようになります。

ひかるカケラ

sewing dream

whiz

コバルト

High Free Spirits

<ソロコーナー>
Velvet Rays(雨宮天)

PEACH(麻倉もも)

じょいふる(夏川椎菜)
<ハモリコーナー>
七つの海を渡る風のように


パーリー☆パーティ

あかね色

明日も晴れる

primary

Baby My Step

Youthful Dreamer
<アンコール>
ホントだよ

Sail Out

前回から変わっていたものはまずソロコーナー

天ちゃん3rdシングル曲の「Velvet Rays」はとても盛り上がりました。
やっぱり天ちゃん格好いいです(手のひら返し)

麻倉ももさんのPEACHは恐ろしいほどの破壊力でした。

振りでハートを作ってくれたんですが衝撃がこちらに確実に来ました。あまりの衝撃に膝から崩れ落ちてしまいました。あれは恐ろしい兵器でした。
ラストの3回連続ハート(?)は常人には絶えられないでしょう。

この曲も「Smooth Sailing」での桃色片想いに続き麻倉ももさんにぴったりの曲で感謝しか出なかったです。これからも楽しみにしています。

僕が個人的にカバーで一番嬉しかったのは次の夏川椎菜さんの「じょいふる」でした。

ブログを前から見ていた人はわかるかと思いますが、僕はいきものがかりはライブに行くほど大好きで、「じょいふる」もかなり聴きこんでいる曲の1つでした。

なので好きな声優さんのカバーといういつもと違う形でじょいふるを聴くことができたのが本当に嬉しかったです。

ナンスは前に「気まぐれロマンティック」もカバーしているのでいきものがかり好きなのかな?好きだったら嬉シイナ

ちなみに本家ではタオルを振り回す曲なのでもしもう一度見る機会があればタオルを振り回すのも楽しいのでやってみるといいですよ。

そして次に衣装を新衣装に変更しハモリ曲である「七つの海を渡る風のように」

この曲は耳にしたことがあったのですが、こんなにいい曲だったのかと認識を改めました。
とにかくハモリが綺麗で圧倒されました。帰宅してからこの曲をライブを思い出しながら何度も聴いています。

そして最後に前回からの変更があったのはアンコール1曲目が、「僕らのシンフォニー」から「ホントだよ」へ

アンコールまでに来なかったので、「ホントだよ」が来ないのではと思ってしまったのですが、来た瞬間嬉しさが爆発しました。

この曲は可愛さ全振りの曲でとにかく全てが可愛い。
「ホント!」「ウソだ!」のコールがとても楽しいです。
コールが終わった後の麻倉ももさんの「よくできました!」が大好きすぎて毎回聴くたびに生きる気力をもらうことができます。(大げさ)

最後にSail Outで無事出航。
途中で間違えてしまった麻倉ももさんの笑顔がとてもかわいかったです。




実家から初めて出たTrySailとしての大きいライブ。大成功と言って良いと思います。

1番後ろの席でしたが、今までのTrySailライブで1番楽しかったライブでした。

OP映像からもTrySailの今までの終体制集大成が見れることを期待していましたが、"Smooth Sailing"も"Headwind Sailing"も見事にその期待に応えてくれた最高のライブでした。

11月から全国8ヶ所を回る1stツアーも決定ということで、まだまだ進化するTrySailさんを応援して行きたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。